児相の嘘が発覚!何で児童相談所は嘘がこんなにも多いのか?

皆さん児相ってどんなイメージをお持ちになられている機関でしょうか?今の私は、児相の性的虐待容疑の冤罪で家族崩壊寸前の状態なので以前のイメージと大幅に変わりました。

昔のイメージは、子供を第一に考え子供を守る機関とのイメージが、ありました。しかし現在は、絶対にやっていない犯罪を作り家族をぶち壊し嘘をつき更に税金を食いつぶすとんでもない機だと思っております。

そして今回又児童相談所の相談員の嘘が、発覚しました。このサイトは、児相の嘘を曝露して実際に児童相談所の対応に困ってる方に少しでも役に立つサイトを目指しているので今回も紹介させて頂きます。

1本の電話で2つの嘘が発覚

児相の嘘が発覚!何で児童相談所は嘘がこんなにも多いのか?

このサイトの読者さんは、児相のいい加減な対応に困っている読者さんで子供が、いる方が多いと思いますのでほとんどの方は、社会人だと思いますが、社会人で仕事経験が、ある方に質問です。1本の電話で2つの嘘をつく仕事をした事ってありますでしょうか?

普通あり得ない話ですよね?しかし国の税金で運営をしている機関でこんな事が、起こっていたらどう思います?日本国民として税金の無駄使いは、普通嫌だと思いますが、税金で運営している児童相談所では、こんな事が起こっているのが、現実なのです。

ま~ない罪を作り出す機関ですから何が起こっても驚きませんが、本当に質の低いとんでもない機関ですよ!

Sponsored Links

嘘を曝露

私から言わせたら社会人なのでちゃんと仕事しましょう!と言うところから始めたいです。普通一般企業でこんな仕事をしていたら速攻首になりますよ!だってお客さんに嘘をつく仕事をしている訳ですから・・・

それでもまかり通るのが、児童相談所の仕事なんでしょうね?本当にこんなので良いのでしょうか?それでは、嘘曝露に入って行きたいと思います。まず一つ目の嘘は、昨日記事にしております。

詳細記事→児童相談所に嘘が発覚しました!ボロボロ出て来る嘘で不信感!
仕事で嘘があるのは絶対に良くない事ですよね?そして今回の嘘は、7月8日面談時の私が、した質問についてです。

 妻と2人で話しても話し合いにならないから児童相談所を交えて話をしたい
相談員 児童相談所で話し合いは出来ません。
 誰か紹介してもらう事は、可能ですか?
相談員 それでは、こちらを通して家庭裁判所を紹介しますよ!

相談員の方とこのうよな会話がありました。7月13日妻との話し合い時にかなり2人共にボルテージが、上がる話し合いになりました。結果2人で話し合いをしても話が先に進まないので第三者を入れて話し合いをしようとの事になりました。

妻に児童相談所で家庭裁判所を紹介してくれる事を伝えたところ紹介してもらうとの事になり児童相談所に電話をしたところ紹介とは、こちらを通すのではなく家庭裁判所に直接電話をしてもらう事です。と意味不明の事を言われました。

児童相談所相談員は、間違いなくこちらを通して家庭裁判所を紹介しますよ!と間違いなく前回面談時言っておりました。にもかかわらずこのような話になると言う事は、面談時に話していた事は、嘘だった事になってしまいますよね?

何で嘘つくのでしょうか?最初から直接電話して下さいと言えば問題ないと思いませんか?本当に児童相談所の相談員は、意味不明ですし自分の言った事に対しての責任がないと思いました。

こんなの普通の企業に勤めていたら通用しないですよ!それでも通用する児童相談所は、やっぱりある意味恐ろしい国の運営する機関だと思いました。

最後に

本来子供を守る相談員の方がこの低レベルな社会人です。このレベルで子供達を守る仕事をする事自体首をかしげてしまいました。このレベルの低さが訳のわからない冤罪を作り出しているのかな?とも思ってしまいます。

とにかく児相は、あり方を変えてもらいたいです。今回の話も全て真実です。私に嘘は、一切ありません。通話や面談は、全て録音しているので全て証拠も持っております。

次の面談で納得行く面談が出来ない場合は、相談員の名前と録音した音声も公開しようと検討しております。何故ここまでやるの?と思う読者さんもいると思いますが、私達って完全な弱者ですよね?

児童相談所は、国が税金で運営する機関です。大きいからこそ悪い事をしてももみ消された事も多くあり泣き寝入りしている人も多くいると思います。現に私は、今児童相談相談所より性的虐待の容疑です。

私は、絶対にやっていなので冤罪です。冤罪を作り上げて1つの幸せな家庭が児童相談所が、原因で壊されそうになっているのです。全てこれは、真実です。だから戦うと決めました。

インターネットを通じてこれからも徹底的に児相と戦って行きます

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ