妻との話し合いで児童相談所に不信感!悪い噂は本当と思えた瞬間!

7月8日に児童相談所に面談に行きました。
その時の児童相談所担当者は、
基本的に児童相談所は、今回のケースで
性的虐待容疑を私に対してかける事は、
ありません。

そして紹介した精神科医からの診断でも
そのような事は、聞いておりません。
との面談結果でしたが、昨日妻との話し合いで
児童相談所担当者が嘘をついている事が、
発覚
しました。

インターネットや書籍で悪い噂が絶えないのが、
児童相談所ですが、私が先日話した中で担当の方は、
親身になって話を聞いてくれて大変ありがたく感謝の
気持まで持てました。

私自身は、悪い噂は、ありますが、自分が実際に
面談を受ける事により児童相談所への印象が、
良い方に大きく変わっておりました。

面談詳細→横浜市中央児童相談所で相談員の方と面談して来ました!

妻との話し合い詳細

妻との話し合いで児童相談所に不信感!悪い噂は本当と思えた瞬間!

話合い日 2014年7月13日(日曜日)
時間 午前10時30分~
場所 近くのドトール

やっぱり妻との話し合いは、そのまま別居を
するか離婚をするかの話し合いの平行線です。

私への性的虐待不信感から家に戻る気が、
ない事を伝えられました。

本当に私は、長女に対して性的虐待を絶対に
しておりません。それは、間違いない事で
100%無実なのです。

そんな状況でどんなに私がやっていないと
言っても妻が信じてくれない理由が、やっと
わかりました。

横浜市中央児童相談所の相談員の嘘発覚

前回児童相談所に行った際に相談員が
説明した事は、

児童相談所は、子供達の事を第一優先に考え今の現状から子供に
今後対策やケアの必要性のアドバイスをする機関で性的虐待があるなしの判断を
する権限は、全くない機関だとの事でした。これは、今回紹介した精神科医にも
言える事で精神科医より性的虐待等の診断も出ておりません。

上記が、横浜市中央児童相談所の相談員の回答でした。
しかし妻と昨日話し合いをした事により驚く真実
そして児童相談所の嘘が発覚したのです。

何で言ってる事と事実が違うの?
  • 私に性的虐待があった事を精神科医が診断をしている
  • 家に戻らないのは、精神科医から性的虐待があるから帰るなと言われている

先日児童相談所の面談した時の担当が、
言っていた事と全く違います。

上記を児童相談所が提携する病院の
精神科医が、妻に診断をしたのです。

こんな事を医師から言われてしまったら
この件が発覚時私を信じようとした妻の
気持が大きく変わったのも理解できますよね?

今回の問題はこれだ!

児童相談所の断りなくこんな診断を医師が勝手にして良いのか?

言っている事とやっている事が違いすぎる

児童相談所と医師の連携がめちゃくちゃすぎる

ちょっとこれやばくないですか?国がやっている機関ですよ!
どんな仕事でもマニュアルがありそれにそって仕事をするのが、
現代の仕事ですよね?

これだけコンプライアンスと言われている中児童相談所の
システムは、どうなっているんですか?と言う感じですよ!
と言うか怒りしか感じなくなりました。

最後に

今回妻と話し合いをして児童相談所の嘘が、
発覚しました。

この児童相談所の嘘どう思いますか?我が家は、
この嘘と性的虐待の冤罪容疑で家族崩壊寸前です。
これ嘘みたいな話ですが、全て事実ですよ!

簡単に言うと児童相談所は、子供や家族を
守る事が仕事の機関だと私は思っておりました。

しかし私達家族は、児童相談所に相談した事が、
原因で家族が壊されました。

本当に児童相談所がやっている事は、言い方が、
悪いかもしれませんが、家族狩りだと思います。

私以外にも児童相談所の対応に悩んでいる人も
多くいると思います。

私は、インターネットを通じて児童相談所の
あり方をこれからも情報発信をして行く事に
より児童相談所の対応に困っている人の役に
立つサイトを作り上げて行きたいと思いました。

私は、宣言します。児童相談所と徹底的に戦って行きます!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ