家族崩壊寸前で話し合いはどうなる?性的虐待容疑をはらしたい!

私の性的虐待容疑で家族崩壊寸前の
我が家ですが、日曜日に妻と話し合いを
する予定です。

多分妻の行動を見る限り家族崩壊
なる可能性が、高い状況です。

妻との話し合いの前に今後どのように自分は、
して行きたいのかをまとめておきたいと思います。

話し合い当日スケジュールと私の気持ち

家族崩壊寸前で話し合いはどうなる?

話合い日 2014年7月13日(日曜日)
時間 午前10時30分~
場所 近くのドトール

別居中の妻と上記話し合い前に今の気持ちを
もう一度整理したいと思います。

私の気持ちとしては、家族崩壊は、絶対に
避けたいと思っておりますが、何と言っても
相手がいる事なので自分の思う通りに話が、
進むとも思っておりません。

本当に子供達に申し訳ない気持ちが大きいです。
下の子は、昨年11月に生まれたばかりです。

今後父親が、いない状態で育って行く事に対して
本当に申し訳ない気持ちです。

私の希望

  • 子供達第一優先とした選択をしたい
  • 家族崩壊で離婚は避けたい
  • 離婚の場合は、面接交渉権については妥協ない話し合いをしたい

まず第一優先に考えたい事は、2人の娘達の幸せです。
今回長女への性的虐待の冤罪で家族が崩壊する寸前に
なっておりますが、妻に対して何を根拠に私が、虐待を
していると判断しているのか、しっかり話を聞く事です。

先日行った児童相談所では、私に対しての冤罪容疑は、
ないとの事なのでその事もしっかり伝えようと
思っております。

基本的には、私の長女への性的虐待がない事をしっかり
うったえて家に戻って来てもらう事を伝えたいと思います。

それでも帰らないと言われたら

民法752条の話をしようと思います。

夫婦は同居し、互いに協力し扶助(ふじょ)しなければならない

民法752条を簡単に解釈すると夫婦が同居する事は、
当然の事になります。

今の妻の状況は、性的虐待がないにも関わらず出て
いっている状況です。

私は、とにかく同居した上で今回の件を解決したい
と伝えたいと思います。

それでも嫌だと言われたら別居している現在でも
同居している時と同じ生活費を銀行に振り込んで
いるのでその減額を要望しようと思います。

婚姻費用は、家庭裁判所の定める金額14万円

上記金額の14万円で交渉をしようと思います。
この14万円は、私の年収から家庭裁判所が、
定める金額になるので例えば調停になった場合でも
適正と認められる金額になると思います。

私に性的虐待があり完全に悪い状態で別居を
している場合だったら今までの生活費を渡しても
良いと思いますが、私は悪くなく妻の思い込みで
このような状況になっているのでこの考えになりました。

別居時婚姻費用金額を認めない場合

その場合は、家族崩壊が決定的になると思います。
私の本意では、ないですが、私が現在できる精一杯の
金額が、婚姻費用の14万円だからです。

悪くもないのに勝手に家を出て別居状態との
判断になるので仕方ないと思います。
こんな感じの流れで話をすすめたいと思います。

最後に

多分今の現状で最悪の家族崩壊(離婚)になる可能性が、
一番高いと思っております。

子供の事を第一優先に考えるならもっと冷静になり私が、
言う事に対して信じてくれればと思いますが、多分無理です。

ここまで追い込まれたのも児童相談所の対応の遅さに
大きな原因があると思います。

児童相談所がもっと早く対応してくくればとの気持ちが、
日に日に大きくなって行きます。
児童相談所の行動や言動が、妻を大きく混乱させているのは、
間違いない事だと思います。

まず熱くならずに妻の言い分や考え方をしっかりと
聞いて良い方向に向かうような話し合いをしたいと
思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ