児相が新聞に掲載かれた!児童相談所は何故問題が多いのか?

悲しい事件が又起こってしまいました。愛媛県で起こった17才女の子が亡くなった事件です。今回の事件も児相の対応についてテレビニュースや新聞等多くのマスコミが取り上げております。

私自身も今年7月より長女の件で何度か児相に面談で行っておりますが、本当に子供の事って難しいと思います。今回の件もそうですが、もっと早い対応が重要なのではないでしょうか?

児相対応新聞記事

児相悲しい事件

愛媛県伊予市の市営住宅の押し入れで松山市の無職、大野裕香さん(17)の遺體が見つかった事件で、愛媛県中央児童相談所(松山市)が昨年12月の定期訪問の際、現場の部屋で大野さんを確認していたことが16日、児相への取材で分かった。

今年4月には大野さんが家出をしていると家族から相談を受けたが、狀況を聞き取り「本人の意思があり連れ戻すのは困難」と判斷し、警察に保護を依頼するよう助言するにとどめていた。

一方、県警伊予署によると、大野さんの遺體の全身には多數のあざや皮下出血があり、一部はかなり以前にできたものだったことも判明。これまでの調べで顔が大きく腫れ、複數の打撲痕があったことも分かっている。同署は日常的に暴行を受けていた疑いがあるとみて、現場の部屋に住む無職の女(36)ら4容疑者=いずれも死體遺棄容疑で逮捕=から事情を聴いている。同署は16日、4容疑者を送検した。

児相によると、女には2005年から、子供の養育に問題があるとして指導を継続していた。

昨年10月には、女と同居している10代後半の長女が暴行を受けていると通報を受け、擔當者が現場の部屋を訪問。女から暴力を振るわれ、頭のけがを確認し保護した。その後、長女の希望に沿って帰宅させたが、それ以降は定期訪問を実施していた。〔共同〕

私も子供2人は、娘なので本当に胸が苦しくなる事件です。いつも思う事は、何故児相は、的を得た行動をしないのか不思議です。今回のケースも結果的に最悪の事態になっておりますが、何か対応する方法はなかったのでしょうか?

Sponsored Links

児相の対応は遅い私の実体験

児相の相談員の方の対応は、大変素晴らしく私自身も色々相談させて頂き大変ありがたく感謝の気持ちを持っております。しかし対応の遅さには正直不満があります。

子供が絡む事なので何よりスピード重視を心掛けてもらたいと思います。対応が遅ければ遅い程最悪の結果になる可能性が高いと思いますし逆に早すぎる事はいなのではないでしょうか?

私は妻から長女への性的虐待の冤罪を作られております。それが原因で現在別居中です。妻がで家を出た直後から妻は、児相に長女への性的虐待について相談をしておりましだか、その話は、私には一切なく妻が最初に相談した時から約2ヶ月が経過をしてから初めて児相と面談をした事実があります。

全てを児相のせいにする訳ではありませんが、もっと早く私に連絡をしてくれて話す事が出来ていたらここまで家族関係が悪くなっていなかったと思います。悲しいですが、これが現実なのです。

今回の事件もそうですが、もっと早く対応していればこんな悲しい結末にはならかたのではないでしょうか?

最後に

妻と子供達が家を出てもうすぐ3ヶ月です。週末は、本当に寂しく過ごしております。今の私はもう家族が元通りになる事をほぼあきらめております。

悲しいですが、これが今の私の現実なのです。戻れるなら昨年の今頃に戻りたいと本当に思います。あんなに上手く行っていた家族生活がこんな事になるなんて予想もしておりませんでした。

児相に関する悲しい事件は、これ以上みたくないですよね?児相の相談員の方の心意気は、大変素晴らしく私も評価しております。

児相案件対応のスピードを重視して頂く事に期待しましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ