児相叩かれる!日テレシューイチで教育評論家の尾木直樹先生が指摘!

また児相の対応が問題になっております。佐世保の女子高生の事件です。事件については、テレビニュース等で詳しく流れておりますので特に触れませんが、教育評論家の尾木直樹先生が児童相談所の対応を指摘しておりました。

こちらのサイトでも何度が指摘しておりますが、児童相談所対応には首をかしげてしまう的を得ない不信感を感じる動きがあります。私が言いたい事を尾木先生が指摘しておれますので私の経験を交えて児相の対応について紹介をして行きます。

Sponsored Links

指摘されていた児相の対応

児相叩かれる!
今回児童相談所の対応で尾木先生が指摘していたのは、事件少女の事を児童相談所に精神科医から直接電話があった時にそのままにしてしまい対応をしなかった事です。

対応詳細

長崎県佐世保市で高校1年の同級生を殺害したとして女子生徒(16)が逮捕された事件で、発生前の6月、県の児童相談窓口に寄せられた情報に「女子生徒は人を殺しかねない」との内容が含まれていたことが31日、県関係者への取材で分かった。

県は生徒名が伏せられていたとして具体的な対策を取らなかったが、医師は名乗っていた。県と、報告を受けた県議会は、相談を放置した可能性もあるとみて対応が適切だったかどうか、経緯を調べている。

県関係者によると、女子生徒を診察した精神科医が6月10日、相談窓口がある佐世保こども・女性・障害者支援センターに電話で連絡。精神状態の不安定さを懸念し「小学生の時に薬物混入事件を起こし、中学生になって父を殴打した。

小動物の解剖をしている。このまま行けば人を殺しかねない」と相談。対策を求めたが、女子生徒の氏名は明かさなかった。県警は31日夜、殺人容疑で女子生徒の実家の家宅捜索を始めた。

児童相談所の対応を尾木先生が指摘をするのも理解できますよね?今回の件も含めて児童相談所としての判断の難しさもあり適切な判断の出来るその道のプロが児童相談所の相談員になるべきだと思います。

Sponsored Links

最後に

私は現在長女への性的虐待の冤罪で児童相談所に何度か面談で訪れております。児相の相談員の方は面談時話も熱心に聞いてくれます。

私達夫婦の担当相談員は、大変素晴らしい相談員でしたが、ここまで児童相談所の不信感が多いのは、相談員のスキルが同じではなく相談員によってスキルの差があるのではないでしょうか?

児童相談所の課題として相談員によるスキルの差をなくす事が今後更に問われて来ると思います。今回電話を受けた相談員の方やその児童相談所のレベルが低い事も原因の1つだと思います。

精神科医から電話があり受けただけでそのまま放置してしまったとの事ですが、精神科医が電話で話した事を聞いた時点で対応をする事も可能だったと思います。

尾木先生も私と同様同じ意見で児童相談所の対応を指摘しておりました。子供の事を扱う児童相談所だからこそ人間性や社会人としての常識が必要になると思います。

今回私の性的虐待冤罪が原因で児童操舵所との関わりを初めて持ちました。対応が早いか遅いかと言われれば遅いと思います。何に対して慎重にすすめる事が重要なのかもしれのせんが、早い対応や適切な判断の出来る児童相談所になる事を期待したいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ