家族崩壊カウントダウン始まる!原因と失う悲しさを探ってみる!

家族崩壊のカウントダウンが始まりました。先日までは、家族崩壊寸前とお話ししておりましたが、いよいよ決心する時が近づいて参りました。

その理由は、先日児童相談所に私が出向き面談した際に妻の言っている事と児童相談所が言っている事との大きな違いによるものです。

大きく話が異なっていたので妻にその違いについて再度児童相談所の相談員に連絡をして確認してもらう事になりましたが、その後妻から連絡が全くなくなりました。

5月末より私達家族は、別居生活をしておりますが、その理由は、長女のある行動からでした。妻と話をする中で長女のケアも必要だと思ったので基本的に別居で解決は反対でしたが、妻が別居でのケアが必要との事だったので妻の意見を尊重しました。

別居を受け入れたのも妻が言う事と行動を私自身が全てを私が信じたからです。その妻が、児童相談所と言ってる事が異なりそれに対して回答を求めるとその後返事がないので現在疑惑が最高潮まで達しようとしております。

Sponsored Links

別居の理由は性的虐待の冤罪

家族崩壊カウントダウン始まる!

リビングにてパパ痛い嫌だそう叫んで泣き出しました泣きながら、パジャマのズボンを脱いでパンツも脱いで、開脚で座り股を覗き込んで『大丈夫、今は痛くない』そう言った後で、お漏らしをました。

この長女の行動から私の性的虐待が疑われ始めました。でも私は全く長女に対しのて性的虐待はありません。しかし不安になった妻は横浜市の子育て支援窓口に電話をしてその後児童相談所に話が回され現在に至ります。

私は男なので女性心理が全く理解できませんが、夫が言う事って信じる事ができないのでしょうかね?私を信じさえしてくれればここまで関係が悪化する前に対応が出来たと思っております。

妻が嘘ついてる可能性大

5月31日妻との別居以来2回妻と直接会って話し合いをしております。その話し合いの中で妻が私へ言った言葉があります。その言葉とは、『児童相談所の提携している精神科医より私が長女への性的虐待ありの診断が出た。』です。

当然私は、性的虐待は絶対にないので反論をしました。その反論とは『直接児童相談所とその精神科医との面談をしてから今後の話をしたい』と妻に言ったところ良いとの事になりました。

Sponsored Links

児童相談所の面談で確認

児童相談所に電話で面談予約する際も妻と児童相談所が言っている事が違うので面談を再度お願いしたいと伝えたところ児童相談所の相談員の方が面談予約を受けてくれました。

面談時に諸事情を説明して回答を頂いたところ『児童相談所も精神科医からも性的虐待の診断は出ておりません。』との驚く回答でした。

私自身妻を信じておりましたので何度も問いただしましたが、相談員の方は、『お母さんが何故そのような捉え方をしているのか困惑している』との事でした。

私は返す言葉もなく相談員の方にお願いをしました。『妻から電話させるので再度この件を説明してもらえないでしょうか?』と話をすると快く話をして頂けると言ってくれました。

そしてその事を別居中の妻に伝え電話する事をお願いしたところ電話するとの事になりましたが、約1週間経過しましたが、その後妻より連絡がない状況です。

何故連絡がないのか?

今まで別居中でも重要な連絡に関しては早めの連絡をもらっておりましたが、今回の件は、家族崩壊の大きな原因の1つになるので凄く重要な事と私は捉えておりますが、連絡がありません。

何故連絡がないのでしょうか?連絡がここまでないと私は妻をずっと信じておりましたが、嘘をついていたのかな?と思い始めてしまい今後の対応についてももっと慎重に自分にメリットがある動きをしなければならないと思い始めました。

最後に

男の私から言わせれば私を信じれば全て解決できる問題だと思いますが如何でしょうか?子供達の事を1番に考えた場合答えは、1つだけだと思います。

片親に育てられるより両親揃って育てられた方が絶対に幸せだと思いますが、如何でしょうか?この部分を考えていないから私を信じない事になるのだと思います。

本当に私は長女に対して性的虐待は絶対にありません。まだ娘達は、3才と0才です。母子家庭で子供を育てるのは絶対に大変だと思っております。

妻の勝手な思い込みで子供達も不幸せになる事を考えると胸が苦しくなり泣きそうになります。今回妻の嘘が確実になった時は、家族崩壊のカウントダウンが、スタートします。悲しいですが、これが今の現実です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ